メリットを把握しておこう

月々の電気料金を抑えたいと思ったら、家庭で電力を賄うことでできる太陽光発電システムの導入がおすすめ。メリットや今導入する理由についてみていきましょう。

太陽光発電のメリット

社会貢献できる

太陽光発電は国が補助金を出して推奨しているエネルギー自給の方法です。他国に依存することのリスクを考え国は自国でエネルギーを作り、自給率を上げることを積極的に行っています。太陽光発電システムを設置するということはその手伝いができるということです。

環境に配慮できる

太陽の光を利用して発電を行う太陽光発電システムで生み出されるエネルギーは、石油などのその他のエネルギーに比べ、とても環境に優しいエネルギーになります。太陽光発電は環境にも配慮することのできるシステムなのです。

電気代を抑えることができる

太陽光発電を設置する利点は、もちろん社会貢献や環境への配慮だけではありません。太陽光発電によって蓄積された電力は自宅で使用することができます。設置する面積にもよりますが、月々の電気料金を抑えることできるというのは、とてもありがたいのではないでしょうか?

電気を売って収入が得られる

太陽光発電システムによって蓄積された電力は家庭で使用することができますが、もし余ってしまった場合は電力会社に買取ってもらうことができます。買取ってもらう電力量によっては立派な副収入になります。

万が一の備えになる

太陽光発電システムは自然災害などの万が一の場合に非常用の電源になるといったメリットもあります。ただし太陽光発電システム単体では電気を蓄えておくことはできないので、夜間など太陽が出ていないときに太陽光発電システムの電力を使用したい場合は蓄電池が必要になります。

メリットと今始める理由

ソーラーパネル

今こそ太陽光発電システムを

数年前から設置する家庭が増えてきた太陽光発電システム。東芝などの大手メーカーを家庭に設置し、家庭で使用する電力をまかなったり、余った電力を買取ってもらい収入を得ることができます。そんな太陽光発電は今こそ設置するべきなんです。

電気料金はどんどん上がってきている

毎月請求される電気料金のうち、約一割は再生可能エネルギー発電促進賦課金という名目で徴収されています。再生可能エネルギー発電促進賦課金は電力を買取るときに必要な費用を消費者側が負担するというものですが、実は年々上がっています。

電気は自分で賄える時代

一昔前までは、どんなに電気料金が上がったとしても電力会社の電力を使用する以外の選択肢はなかったので、それを利用するしかありませんでした。ですが、今は太陽光発電システムを設置すればそれぞれの家庭で電力を賄うことができるような時代になってきているのです。

これ以上買取価格が下がる前に

太陽光発電システムを取り入れる家庭が増え、一般家庭が電力会社に買取ってもらう余剰電力が増えれば増えるほど電気の買取価格は下がります。そのため太陽光発電に取り組むタイミングは、早ければ早いほどいいわけです。

導入費用が下がってきた今が狙い目

太陽発電システムの導入にかかる費用は年々さがってきています。これは設置する機器の価格が値下がりしてきたことや業者が増え価格競争が激しくなってきたことが関係していると言われています。導入費が下がった今こそ取り組むチャンスだと言えます。

自宅で発電を始める前に

地球

余った電力を売りたい

太陽光発電システムを導入して発電した電力を家庭で消費しきれなかった場合は、電力会社に買取ってもらうことができます。余った電力は積極的に買取ってもらうようにしましょう。

READ MORE
屋根

蓄電池と太陽光発電

電力を蓄積するためには東芝などのメーカーの太陽光発電システムを取り入れるだけでは不十分。電力を蓄積しておきたいと思ったら、蓄電池を導入しましょう。

READ MORE
模型

最適なメーカーの選び方

太陽光発電システムを導入するときは業者選びが何より重要になってきます。後々のトラブルを回避するためにも業者選びのポイントを確認しておきましょう。

READ MORE
広告募集中